ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

lockdownの波

最近、コロナのおかげで大人しくせざるを得ないので、なかなか真新しいブログのネタがない。

ブリュッセルは週末からがらりと雰囲気が変わり、街に人はまばら。メトロもがらんとしているとの情報。人々は可能な限り在宅ワークをして、学校は閉鎖。

空の便にも影響があり、私たちが帰る周辺のフライトは欠航するものも。以下はANAのWEBサイトで、成田発着で欠航する便を表した一部分。

f:id:emaly:20200317042017p:image

先ほどはフランスのマクロン大統領のスピーチをYouTubeで見ていた。今はLIVEでスピーチが聞けるのだ。(もちろん英語に同時通訳されたバージョン)フランスは明日の正午から事実上の外出禁止令が出た。これは戦争です、と繰り返す大統領が印象に残る。


f:id:emaly:20200317042047p:image

f:id:emaly:20200317042051p:image

そして明日から30日間のヨーロッパ全体の国境閉鎖が決定された。ここでいうヨーロッパは、シェンゲン協定内の国々のこと。不要不急の渡航(旅行とか)は原則できない。

ベルギーはどうなるのだろう。

外出禁止令が出るのもそんなに先のことではない気もする。最近本当に思うのは、英語ができて良かったということ。海外でコロナ情報を得ようとするとやはり英語のニュースサイトやTwitterアカウントが1番早い。日本語に訳されるのを待っていると初動が遅れる可能性がある。また、現地の友人たちとの情報交換もかなり助かっている。

コロナコロナで気分が暗くなるが、たとえ家に閉じこもったとしても、私には大好きなスイーツを食べるという崇高な趣味が有る。こちらは日曜日にパートナーのお友達が遊びにきた時の手土産でいただいたもの。愛してやまないパティスリーササキのケーキたち!!箱を開けて歓声を上げた。

ササキのモンブラン、初めて食べたがめちゃめちゃ美味しかった…。帰国前に食べられてよかった。せっかくお客様が来たのでミルフィーユ鍋や炊き込みご飯などでおもてなし。外食はできないけど、工夫すれば如何ようにもなる。

f:id:emaly:20200317042736j:image

こちらはイギリスのチョコレート。可愛い箱に詰められたトリュフはシャンパン味と、塩キャラメル味。圧倒的にベルギーチョコレートの方が好み。やっぱりイギリスのデザートは何かが重たい…。

f:id:emaly:20200317042146j:image

最近飲んでいるソストレーネグレーネのbioコーヒー。ドリップする時間のない朝に飲んでいる。ネスカフェゴールドのより、コクが深くて美味しい。
f:id:emaly:20200317042152j:image

そんなこんなで今日も生きてます。