ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

San Sebastián y Barcelona : day 3

3日目はサンセバスチャンに別れを告げ、バルセロナへ移動する。

Renfeというスペイン国鉄に乗り、半日かけてスペインを縦断することになるので、この日は早起き。6時に起床して、外はまだ真っ暗な中サンセバスチャンの駅へ。真っ暗でも治安が良いので安心して歩ける。

f:id:emaly:20200228013526j:image

ホームで電車を待つ。
f:id:emaly:20200228013431j:image

7:30発で13時ごろにバルセロナに到着する、長い長い列車旅。前日の夜にOtaeguiに寄って購入したチーズケーキをおやつに食べながら、持参した本を読む。この日は村上春樹の色彩の無い多崎つくると巡礼の旅を読んだ。パートナーはTOEICの勉強をしていた。

お昼過ぎにようやくバルセロナ、サンツ駅に到着。公共交通機関の一日券を購入し、ラシャンブラ地区にあるホテルへ向かった。

ブティックホテルと言うだけあっておしゃれな内装だった。ここは一泊90ユーロ。
f:id:emaly:20200228013521j:image

お腹がペコペコなので、ホテルの近くのレストランへ昼食をとりに行った。Vivo Tapasという気軽なネーミングのレストランだが中はゴージャス。
f:id:emaly:20200228013507j:image

ワインで乾杯!この旅は本当に飲んだくれ旅であった。
f:id:emaly:20200228013449j:image

恒例のトマトパン。
f:id:emaly:20200228013338j:image

ブッラータを注文。お気に入りのチーズである。
f:id:emaly:20200228013323j:image

日本のバルでも食べたことがあるが、これは別物。フォンダンショコラのようにトロトロで、濃厚なチーズ…そえられているクルミルッコラドライトマトがまた良い味を出している。
f:id:emaly:20200228013241j:image

サンセバスチャンで惚れた獅子唐。迷わず頼む。
f:id:emaly:20200228013331j:image

鴨胸肉のロースト。あんずのソースと絶妙にマッチ。
f:id:emaly:20200228013310j:image

あまりにも全て美味しいので、さらに注文。こちらはビーツのパンで挟んだミニバーガー。ミニだがパティはちゃんとしたハンバーグステーキだった。

f:id:emaly:20200228013613j:image

私はデザートを頼んでみた。フランボワーズのティラミス。え、これがティラミス…?中にフルーツソースとマスカルポーネチーズが入っている。なんでお洒落なんだ。
f:id:emaly:20200228013609j:image

満腹のお腹をさすりながら、ホテル近辺をうろつく。スペイン王室御用達のショコラトリー、カカオサンパカにてチョコレートを購入。
f:id:emaly:20200228013327j:image

妹にもお土産を買う。ま、日本でも買えるけどね。
f:id:emaly:20200228013444j:image

続いてサグラダファミリアへ。

さすがは世界遺産、セキュリティチェックが厳しい。まるで空港のようだ。人に揉まれながらなんとか中に入る。
f:id:emaly:20200228013421j:image

正直ガウディはあんまり趣味じゃ無い…と思っていたのだが、中に入って息を呑んだ。
f:id:emaly:20200228013428j:image

教会というとゴシック調の重々しい重厚な雰囲気を想像するが、ガウディの手掛ける教会は一味も二味も違う。一言で言うと、曲線美!なんてなめらかな建物だろう。明らかにここだけ世界が違う。違う惑星の建築物に迷い込んだようだ。そしてきっと計算し尽くされているであろう、光あふれるチャペル。光をさんさんと浴びて、自分が浄化されていくようだ。
f:id:emaly:20200228013349j:image

二つある塔のうちのひとつ、生誕のファサードに登るためにエレベーター乗り場へ向かう。この教会の扉、すごく好み。植物が侵食しているような扉。
f:id:emaly:20200228013454j:image

6人くらいしか乗れなさそうな小さなエレベーター。
f:id:emaly:20200228013517j:image

登っていくと、まさに建築中の現場が見える。
f:id:emaly:20200228013250j:image

このあたりは、翌日訪問したグエル邸と雰囲気がよく似ている。
f:id:emaly:20200228013253j:image

集合体恐怖症の人には無理そうなオブジェ。
f:id:emaly:20200228013533j:image

眼下にはバルセロナの街を見渡せる。
f:id:emaly:20200228013414j:image

行きはヨイヨイ、帰りは…ひたすら下がっていく螺旋階段。
f:id:emaly:20200228013524j:image

ふくらはぎが、パンパンである。
f:id:emaly:20200228013458j:image

果てしない。
f:id:emaly:20200228013417j:image
f:id:emaly:20200228013345j:image

やっと地上に降り立った。
f:id:emaly:20200228013356j:image
f:id:emaly:20200228013536j:image

こちらは天井。
f:id:emaly:20200228013247j:image

光との一体感が神々しい。
f:id:emaly:20200228013334j:image
f:id:emaly:20200228013514j:image

外に出た。
f:id:emaly:20200228013503j:image
f:id:emaly:20200228013407j:image
f:id:emaly:20200228013439j:image

教会を出てすぐのお土産物屋にてマグネットを購入。サグラダファミリア、楽しかった。

夕食までの間は、ぶらぶらタイム。私の希望で雑貨屋巡りをした。

muy muchoはナチュラル系のプチプラ雑貨屋。こう言う場所、どれだけでもいられる。
f:id:emaly:20200228013359j:image
f:id:emaly:20200228013258j:image

La Nostra Ciutatは小洒落たイラストを売っているお店。
f:id:emaly:20200228013304j:image

naturaは名前の通り、ナチュラル&エコテイストの服や雑貨が並ぶ。バルセロナの空港にも店舗があった。
f:id:emaly:20200228013314j:image

そうこうするうちに、レストランの予約の時間になったので、レストランFiro Tastに向かう。
f:id:emaly:20200228013352j:image

20:00の開店と同時に入店。お客さんは私たちだけだった。帰り際にもう1組来たが、経営は大丈夫なのだろうか。

f:id:emaly:20200228013639j:image

アミューズ
f:id:emaly:20200228013411j:image

イベリコ豚ハムとチーズのコロッケ。スペインの名物バル料理で色々なレストランで見かけた。
f:id:emaly:20200228013434j:image

こちらはマグロのたたき。日本のたたきとは違って、周りがパン粉でカラッと揚げてある。パートナーが絶賛していた。
f:id:emaly:20200228013318j:image

このレストランを選んだ理由は、友人からここのイカ墨パエリアが美味しいとお勧めされたから。一人前でこの量!白身魚、エビ、ムール貝、あさり、など魚介類が盛り沢山。しょっぱ目だがとてもワインが進む味。
f:id:emaly:20200228013307j:image

パエリアが来るまでかなり待ったので、店員さんが待たせてごめんねとワインを一杯サービスしてくれた。茶目っ気のある店員さんだった。

バルセロナ1日目、終了。