ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

Second Venice Trip: day 3

ベネチアも最終日になってしまった。

本日は曇り。よく考えたらいつもかんかん照りだったので、曇りのベネチアは初体験である。

f:id:emaly:20200214042256j:image

たくさんのチワワを散歩している人がいた。ブリーダーか、はたまたチワワ愛好家か…。
f:id:emaly:20200214042221j:image

この日は朝イチでヴァポレットを乗り継ぎ、夏来た時にも訪問した思い出の地、サンジョルジョ マッジョーレ教会へ。
f:id:emaly:20200214042153j:image

また来れるなんて感謝感激雨あられ。GIOGIO第五部のブチャラティ好きには欠かせない、聖地である。
f:id:emaly:20200214042308j:image

夏と同じ場所で写真を撮る。
f:id:emaly:20200214042333j:image

天気の対比が著しい。でも冬のベネチアも趣があって好きである。寒いが…。
f:id:emaly:20200214042322j:image

その後はサンマルコ広場で昨日の友人夫婦と待ち合わせて、サンマルコ寺院を見学。壁から天井から、金色と絵で埋め尽くされていて、なかなか変わった寺院だった。しかし4人ともあまりこういう建築物に興味がないため、割と早足で観光した。
f:id:emaly:20200214042349j:image

続いて鐘楼に登った。天気が悪くて遠くまで見渡せないのが残念。
f:id:emaly:20200214042326j:image

南には、先ほど訪問したサンジョルジョマッジョーレが見えるぞ。
f:id:emaly:20200214042337j:image

サンマルコ広場には、カーニバルの祭典のための舞台が設置されている。
f:id:emaly:20200214042316j:image

ベネチア本島で一番高い場所。なかなか壮観。
f:id:emaly:20200214042216j:image

続いてドゥカーレ宮殿を見学した。
f:id:emaly:20200214042401j:image

ベネチアって、お金持ちの島なんだなぁ。貿易業で財を成したのだろうか。
f:id:emaly:20200214042242j:image

一番上等な大評議会の部屋は、小学校の体育館くらいあった。
f:id:emaly:20200214042234j:image

その後は、Da Mamoというトラットリアでランチ。ピザがおいしいとのことでみんなでシェア。
f:id:emaly:20200214042302j:image

もちもちで美味しい。そこまでペラペラのピザではなかった。トマトソースのかかっていない、ホワイトなピザが特に美味しかった。ウェイターさんが陽気すぎて若干地面から浮いていた気がする。
f:id:emaly:20200214042225j:image

ここで友人夫婦とはお別れ。

我々はマルコポーロ空港へ。帰りのブリュッセル航空の便は外装が特別仕様の便だった。夏の時も特別仕様だったな。
f:id:emaly:20200214042250j:image

この時ヨーロッパを襲っていた嵐の影響で、帰りの便は揺れに揺れた。特に着陸時は本当に恐怖だった…思い出したくもない。

帰宅後のほっこりご飯。イタ飯もいいけど、私はやっぱりお米が命。
f:id:emaly:20200214042355j:image

夏に恋に落ちたベネチアの街は、寒くなっても暖かく迎えてくれた。行く前に頑張ってイタリア語を勉強したが、簡単な挨拶くらいしか披露する場がなくて残念。デリシオーソ!と言ったオステリアのおじさんには発音を直された。デリッツィオーソ!ッツィがとても大事らしい。

人は陽気、ご飯は美味しく、街はロマンチック。ヨーロッパに著名な観光地は数あれど、ダントツで好きな街に入るだろう。今度は日本から、いつかまた遊びに来たい。

Arrivederci!!