ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

Lille-Reims-Paris

あけましておめでとう。

元旦はゴロゴロ。

2日目はルールモントのアウトレットへ。パートナーは素敵なジャケットを購入。冬のソルドが始まった!

f:id:emaly:20200113044854j:image

3日目は…ベルギーの国境からフランスへ抜けてすぐの、リールの街にやってきた。ブリュッセルからは1時間余りで行けるのに、雰囲気はちゃんとフランス。

f:id:emaly:20200113042719j:image

生憎の雨模様。

今晩は再びシャンパンの街、ランスに向かうのだが、途中で寄り道。なぜなら、、
f:id:emaly:20200113042704j:image

リールにはMeertメールの本店があり、素敵なカフェでお茶ができるのだ。

ブリュッセルのギャルリーサンチュベールにもメールが入っていて、昨年はそこでモンブランを頂いた。でもせっかくベルギーから直ぐの街に本店があるのだから、一度は行ってみたいと連れて行ってもらった。

こちらが本店。
f:id:emaly:20200113042700j:image

開店と同時に伺い、すぐに席に通してもらえた。お店に入って左がパティスリー、奥がサロンドテとレストラン。階段を登って二階の席へ。下を覗くとこんな感じのショップがあったが、どうやら入れないようだ。時間が決まっているのだろうか。

f:id:emaly:20200113044203j:image

私が頼んだのはサントノレ。実は食べるのが初めてである。
f:id:emaly:20200113042652j:image

プチシューとクリームを組み合わせたケーキが、美味しくないはずがない。キャラメルがかかったプチシューの美味しさもさることながら、甘いバニラクリームがそれはそれは美味しい。甘いのに、軽い。だからパクパク食べてしまう。

パートナーは、お店の名物であるゴーフルを注文。ざくざくしたバニラクリームはかなり甘いので、コーヒーによく合う。
f:id:emaly:20200113042708j:image

お土産に、パティスリーで本店限定のラムレーズンのゴーフルを買い、お店を後に。

その後は少しだけリールの街を散策。ブティックやアクセサリーショップが沢山あり、女子旅に最適な感じ。

f:id:emaly:20200113043345j:image
そこから車で二時間南へ行くと、再びやってきましたランス。今回はランスの中心部からは離れた、住宅街の中のアパートメントに宿泊。本当に普通のアパートで、他の部屋には住人が住んでいる。鍵はメールボックスの上のセキュリティボックスに入っていた。予めオーナーさんに教えてもらった番号を入力してセキュリティボックスを開け、鍵をゲット。なんだか脱出ゲームのようである。

南国チックな装飾の、綺麗なアパートだった。
f:id:emaly:20200113042715j:image

アパートなので、自炊設備もある。使わなかったが。これで一晩60ユーロ弱はありがたい。
f:id:emaly:20200113042711j:image

なぜ、一月と間を置かずに我々はランスに来たのか?それは次回のお楽しみ。