ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

Le Coriandre、Boitsfort近くのフレンチ

今日はお友達のOuiちゃんとランチ。

ちょっといいレストランでランチということで、今週のお昼は全てお茶漬けにしてこの日を待ち望んでいた。

レストランの名前はLe Coriandre。つまりはパクチー。カンブルの森に近い、ワーテルマール ボアフォートエリアにあるこじんまりとしたレストランだった。

Déguster付きの35ユーロのコースを頼む。何だろうと思っていたデギュステは口取りの詰め合わせのようなものだった。

f:id:emaly:20190928014123j:image

本日のデギュステはかぼちゃのスープ、サーモンとコリアンダーソース、ジャガイモのクリーム。
f:id:emaly:20190928014116j:image

前菜はサーモンとワカモレf:id:emaly:20190928014127j:image

メインは、何のお肉か聞き取れなかったが、子牛肉のような味がした。キノコのソースが美味しかった。
f:id:emaly:20190928014133j:image

1番感動したデザート。イチジクのコンフィチュールと、チョコレートのソルベの組み合わせが最高に美味しい。マリアージュとはこのことか。このイチジクのコンフィチュールが秀逸で、旬のイチジクをフランボワーズで煮ているような味だった。控えめな甘さがダークチョコレートのビターさとマッチ。あまりに気に入ったのでOuiちゃんが質問したら、何とたっぷりタッパーに入れて7ユーロでお持ち帰りさせてもらえた。嬉しい。ヨーグルトに合わせたり、パンケーキに混ぜたり、夢が広がる。
f:id:emaly:20190928014119j:image

その後、お家に遊びに来てくれたOuiちゃん。何と手土産にピエールマルコリーニのシトラスパウンドケーキを持ってきてくれた。ピエールマルコリーニのケーキを食べるのは初めて。
f:id:emaly:20190928014112j:image

かなりシトラスが主張するのをホワイトチョコが優しく包み込む感じ。食べ過ぎだと思いつつも美味しいので止まらない。

Ouiちゃんはフランス語が上手なので一緒にいるととても勉強になる。私1人だったらイチジクを手に入れることはできなかっただろう。異国の地でフランス語を勉強する貴重な同士、私も頑張ろうと気合いを入れ直した。