ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

ケコーン記念日はChez Okiにて

先日1年目の結婚記念日を迎えた。

1年前はまだ仕事をしながら結婚式の準備に追われていたな、とふと思い起こす。

さらに9月は私の仕事の繁忙期だったため、精神的にも余裕がなく毎日キリキリしていたような気がする。

まさか1年後にこんな優雅な生活を送っていることになるとは…。今のこの時間がどれほど貴重でありがたいものなのか改めて実感する。

しかしありがたいなぁと感じるのも、この生活には終わりがあるからであり、もし終わりの見えない今の生活だったらきっと自分の人生についてもっと不安になっていただろう。働かずに旅行ばかりに行き、大した自己研鑽もせず毎日を過ごすというのは、たとえパートナーのために毎日家事を頑張っているとはいえ、私の性格上やきもきしてしまうのだ。

この一年色々あったはずだが、あっという間に過ぎてしまったので感慨深いという気持ちがあまり湧いてこない。しかし異国でお互い助け合う生活というのは間違いなく、パートナーとの絆が深まっているとは思う。これからも、いつもありがとうと自然に言える仲でい続けたい。

というわけで一年記念日はブリュッセル中心部までご飯を食べに行った。持っている中で1番良いピアスと、普段はつけないネックレスと、リングでおめかしして気分を上げつつも、防犯対策のためレストランに着くまでは全てコートなどの衣類の下に隠して見せないようにする。本当に日本は安全で良い国である。

f:id:emaly:20190915203721j:image

最高裁判所の前に大きな観覧車があった。こんなのあったっけ。

レストランはパートナーが予約してくれた、

Chez OkiというFranco-Japonaiseフレンチ風ジャパニーズレストラン。ブリュッセル在住の日本人に人気のお店らしい。
f:id:emaly:20190915203712j:image

イクセル地区、バイイ通りの近く。外観はシンプル。

この日は4コースメニュー39ユーロをオーダー。セサミよりお手軽な値段である。

牛しぐれ煮のようなスターターののち、前菜その1のエビのクロケットが運ばれてきた。クロケットといってもパン粉で揚げてあるのではなく、春巻きのような皮で包まれている。お皿も和を意識している感じで美しい。
f:id:emaly:20190915203740j:image

前菜その2はこのお店の看板メニューのフォアグラのお寿司。真ん中のお寿司はマグロとサーモンのタルタルのお寿司で、真ん中にはクリームチーズが載っている。

フォアグラ自体はあまり好きではないのだが、こちらは醤油ベースの甘辛いソースがいい感じにフォアグラ独特の臭みを中和していて、パクパクと食べてしまった。さすが皆さんがおススメの一品なだけある。

f:id:emaly:20190915205130j:image

メインは仔牛肉。ごまベースのソースが美味しい。なんと左上には一口お好み焼きが。なんで…?と思いながらもやはり日本人の国民食であるお好み焼きは美味しい。
f:id:emaly:20190915203716j:image

デザートはキャラメルのムースとアイスクリーム。手作りだろうか、アイスがほろ苦くて美味しかった。
f:id:emaly:20190915203702j:image

これからもパートナーと2人で、たくさん美味しいものを食べたい。
f:id:emaly:20190915203734j:image