ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

London Musical Trip day2

2日目はショッピングの日。

まずは朝食をとりに調べていたThe Ivy Market Grillというレストランへ。イギリスの料理と言ったら外せない、美味しい朝食。

f:id:emaly:20190910022218j:image

エッグロイヤルを注文。パートナーはパンケーキ。
f:id:emaly:20190910022234j:image

今まで食べたエッグロイヤルの中でダントツのおいしさ!下のマフィンがまず美味しい。そしてポーチドエッグの具合も完璧である。サラ●スのたっかーいエッグベネディクトとどうしても比べてしまう。
f:id:emaly:20190910022244j:image

パートナーのパンケーキはギリシャヨーグルトがクリームの代わりに挟んであり、ここへさらにいちごソースをかける。ヨーグルトがあっさりなので文字通りぺろりである。

このお店はお気に入りすぎて3日目の朝も寄った。

続いてロンドンの名物百貨店ハロッズへ。

バスに乗り込み景色を見ながら揺られて20分。イギリスらしい天気を背景にそびえ立つ立派な百貨店。

f:id:emaly:20190910023124j:image
f:id:emaly:20190910022254j:image

ハロッズベアがお出迎え。

ここの百貨店、部屋ごとに装飾も違うしエジプトちっくなオリエンタルな装いも醸し出しているしで、建物自体が最早観光名所である。

パートナーがメンズコーナーを覗いている間、私はハロッズのお土産コーナーを物色していくつか細々したものを購入。にやり。お土産コーナーといってもワンフロア分ほどある、かなり広い空間だった。

続いてお昼を食べにまたコヴェントガーデンへと戻り、テクテク歩いて目指したのは、そう…IPPUDO 一風堂!愛知にいた時にパートナーと休日のお昼によく食べにいった思い出の一風堂が、ロンドンにあるのだ。しかも何店舗か。ロンドン在住ジャパニーズが心底羨ましい。

f:id:emaly:20190910022214j:image
f:id:emaly:20190910022251j:image

味は日本のものと変わらない美味しさ。もちろんお値段は少し上がるが、こんな遠く離れた地で馴染みの物が食べられる幸せには代えられない。

その後は周辺のおしゃれなブティックが立ち並ぶ界隈を練り歩き、パートナーは古着屋、私は雑貨屋を中心に見て回る。旅行先でのんびりとショッピングをするこの時間が大好きである。
f:id:emaly:20190910022207j:image

今回ロンドンで見つけて気に入った雑貨屋はこんな感じである。

Oliver Bonas

ポップな色使いの乙女心をくすぐるアクセサリーや雑貨たちにときめく。お皿を本気で買おうか悩んだがやっぱり辞めた。可愛い服もたくさんあったがセール以外で買う気が起きず…。結構いろんな場所にある。

Neon Sheep

ホテルの近くにあった雑貨屋さん。プチプラで、こちらでいうHemaみたいな感じか。ずっと探していたエコストローを購入。

Liberty London

テューダー様式の建物が可愛い。ハイブランド中心だが、建物自体がステキなので中にいるだけで割とときめく。リバティ柄の文具に心惹かれた。

歩き疲れてお茶をした。なんと、辻利カフェで!ロンドンには辻利もあるのだ。羨ましいを通り越して憎らしい。
f:id:emaly:20190910022229j:image
f:id:emaly:20190910022259j:image

ロンドンにあると知ってから絶対に行ってやると執念をめらめら燃やしていたので、念願叶って感涙もの。抹茶アイス、白玉、あんこ…秒で胃の中へ消えた。

今回滞在したZホテルは17時から20時までハッピーアワーを設けていて、その間ワインと軽いおつまみが無料でいただける。もちろん頂く。

f:id:emaly:20190910022223j:image

夜ご飯は軽くテイクアウト寿司。前回itsuへ行ったので今回はwasabiへ。コメが硬いがあとはまあまあ。
f:id:emaly:20190910022240j:image

さて、いよいよ2晩連続ミュージカルの後編、ライオンキングを観に行く!