ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

Mer du Nord

友達のSepoとランチの日。

本日はブリュッセル中心部、サン カトリーヌ近くにある海鮮で有名な屋台、Mer du Nordへ。

店の名前は北海、ベルギーの面している海の名前そのままに、新鮮な魚介を屋台形式で食べさせてくれる。ここは行ってみたかったところだったのでワクワクしながら向かう。

お店のお兄さんは英語がペラペラで愛想がいい。カウンターで注文して、名前が呼ばれたら料理を取りに行き、目の前の広場にあるテーブルで立ち食いがここのスタイル。

f:id:emaly:20190908211923j:image

オススメを聞きながら、小エビのクロケット、マテ貝、エビのグリルを注文。白ワインで乾杯。これを二人で分けて、ひとり18ユーロくらい。
f:id:emaly:20190908211907j:image
f:id:emaly:20190908211929j:image

エビは弾力がありプリプリ、ガーリックが効いてお酒が進む。

クロケットはオレンジがかった色で、他の店で食べたものとは少し違う印象。しかしとってもクリーミーで美味しい。初めて食べたマテ貝は、味が主張するというより、食感がおもしろい。平貝とかに近いかもしれない。

とても気軽に立ち寄れるので、一人でランチにも来れそうだ。ただ広場のテーブルは吹きさらしなので、冬場は防寒をしっかりして、料理が冷める前にささっと食べるのがいいだろう。

評判通りの美味しい店だった。