ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

Summer Cruise③ Norwegian Star

ホテルでチェックアウトを済ませ、ローマ広場まで5分ほど歩く。

ここからPeople Moverという若干笑える名前のモノレールのような乗り物に乗ってクルーズターミナルへ。ひとり1.5ユーロ。

f:id:emaly:20190816143732j:image

下車したら自分たちが乗る船まで少し歩き、船着場近くの倉庫のような建物で大きな荷物を預けてチェックインをする。家族連れ、若者集団、ツアー客、色んな人がいる。

f:id:emaly:20190816143811j:image

手荷物検査を終えていよいよ乗船!

ランクアップしたバルコニー付きの部屋は広々としていて眺めは最高。

こんなに贅沢をしてもいいのかと不安になるが、いいのだ!とポジティブな私が現れる。

f:id:emaly:20190816143854j:image

乗船したあとは船を探検したり早速プールに入ったり、ブッフェで軽食をつまんだり…。ノルウェージャンスターはゲスト2,348人、クルー1031人の大型客船。といっても大型客船の中では小さめな方か。15のダイニング、11のバーラウンジ、シアター、ネットカフェ、スパ、フィットネス等完備。船の中で退屈はしないだろう。

レストランはオープンシーティングといって好きな時間に行って食べられる。時間で決められていないので自由にスケジュールが組めるのがありがたい反面、混む時間帯は待ち時間が発生することも。他のクルーズ船同様、クルーズ料金に含まれているダイニングの他に有料ダイニングもある。

初日は早速シアターにてショーを鑑賞。夜ご飯はなんちゃってアジアンを頂いた。味はフードコートのような感じだが、悪くはない。

f:id:emaly:20190816143931j:image

エーゲ海周遊クルーズのはじまりである。