ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

Summer Cruise② Wandering Venice with a memory of Giogio

ベニス2日目。

早起きしてホテルの朝食を頂く。

朝食はひとり10ユーロでブッフェ形式。デザート満載のコーナーを見つけて朝からテンションが上がる。

f:id:emaly:20190813154013j:image

チェックアウトして一旦荷物をホテルに預け、ローマ広場のヴァポレット乗り場へ。二番線に乗り、ここから9駅でサンジョルジョマッジョーレ島へ行ける。途中でクルーズターミナルを通り過ぎていくので、本日乗船予定のノルウェージャンスター号を見つけた。またあとでね。

f:id:emaly:20190813154043j:image

サンジョルジョマッジョーレに到着。マンガやアニメで見た通りの場所!白く美しい教会の後ろにはベニスを一望できる鐘楼がそびえ立っている。ジョルノたちはこのあたりに船をつけたのだろうか、とマンガの元画像を見ながら比較。朝早いのでこの島にいる観光客はごくわずか、まさに独占状態であった。

f:id:emaly:20190813154134j:image

f:id:emaly:20190813154437j:image

運河の反対側にはサン・マルコ広場が見える。
f:id:emaly:20190813154139j:image

興奮冷めやらぬまま教会の中へ入り、そのまま鐘楼へ。ひとり6ユーロ払っててっぺんまで登る。眼下にはベニスの街を一望できる、素晴らしい展望スポットである。

f:id:emaly:20190813154256j:image
f:id:emaly:20190813154246j:image

鐘楼を降りたあとはまた教会を回る。

ああ、ブチャラティ …。

f:id:emaly:20190813154557j:image

その後はまたヴァポレットに揺られてローマ広場へ。路地裏探検に出かける。ローマ広場を通り抜け、リアルト橋を渡り、探検しながら目当てのジェラート屋へ。

f:id:emaly:20190813154759j:image
f:id:emaly:20190813154814j:image
f:id:emaly:20190813154833j:image
f:id:emaly:20190813154810j:image
f:id:emaly:20190813154819j:image
f:id:emaly:20190813154826j:image

どこを切り取っても絵になる街。

気温は高いはずだが、日陰に入れば爽やかな風を受けてかなり涼しく感じる。

ジェラートは一瞬で食べたので写真がないが、ダークチョコレートのソルベが本当に美味しかった。Buono!


f:id:emaly:20190813155053j:image

f:id:emaly:20190813155100j:image

ドアノブもいちいち可愛い。

その後はAdagioというカフェへ。夫婦二人で経営している小さいながらも小洒落たカフェ。コーヒーもあるがチケットと言う名のおつまみとともにお酒が飲める、バーカロというのがこちらの言い方である。

f:id:emaly:20190813155229j:image
f:id:emaly:20190813155224j:image
f:id:emaly:20190813155234j:image

美味しいし楽しい。Molto Delizioso!と叫びながらお会計するくらいには酔っていた。

ホテルへ戻り、いよいよクルーズに乗船する。