ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

フランス語 A2.1後半戦

新しいタームが始まった。

先週までのクラスから、約半数は残留、そしてまた5名ほど新メンバーが来た。アリアンセのクラスはレベルごとに分かれておりビギナークラスであるA1に始まり、A2.1、A2.2…とコンマ刻みでレベルを上げていく。それぞれ前期と後期の3週間ずつのタームに分かれているのでひとつのレベルを終えるためには6週間かかることになる。そして最後には進級試験。私はA1後期タームから初めて、先週A2.1前期を終え、今週A2.1後期が始まった。レベルはBまであるらしいので、フルで受けようとするとかなり先が長い…。しかし授業内容については非常に満足しているため、九月から通おうと思っている別の語学学校の内容次第では、アリアンセに戻ってくるかもしれない。何より多国籍なクラスメイトに囲まれて、Kちゃんをはじめ大切な友達ができたことは大きな財産だ。

 

今日はA2.1後期の初回授業のため、自己紹介などの会話が中心。先月学校に行き始めたばかりの頃は文章なんて全く口から出てこなかったのに、文法的にはグレーだろうと、単純ながらも何かしらの文章が言えるようになったのは大きな進歩だ。このような成長を余すことなく拾い上げては自分で認めてあげないと、とてもメンタルが持たない。

ネックは発音だな、と再確認。フランス語が聞ける良いWebサイトをいくつか教えてもらったのでそちらでまず耳を鍛えていこう。

 

なんとパートナーが英語の語学学校に通いたいと言い始めた。英語に関してはある程度開き直っていると思っていたが、会社でこれまで以上に必要性に迫られているのか、それとも私の姿が刺激になったか。両方だといいな。何にせよやる気が出ているのはとても嬉しい。言語を学ぶ、ということに関しては色々と思うところがあるのでまた別記事にする。