ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

Boule de Berlin ふわふわカスタード

愛してやまないRooseのパン。

イチオシのパンは数あれど、一口目で衝撃が走ったのがboule de berlinというパン。

直訳すると、ベルリンの球。

フワッフワの揚げパンを半分に切って、Roose特製のカスタードをたっぷり挟んだものとなっている。

初めて食べて虜になってから、何度もRooseに通うもずっと店頭に姿を見かけることなく、はや一か月…ついにマダムに話しかけた。

 

この前食べた、丸くて小さくてふわふわで、間にカスタードが挟まっているパンが食べたい…いつ売っているの?名前は確か、ブーレなんとかみたいな…

 

マダム、一緒にウンウン考えてくれて、いくつか候補のパンの名前を挙げてくれるが、何か違う。あ、写真がある!と前買った時の写真を見せて、ようやく

 

ああ〜boule de berlinね!!

 

と見つけてくれた。

下はマダムの手書き文字。

こちらを発音するとブードゥブゥールという風に聞こえる。とても真似できない。

f:id:emaly:20190705160917j:image

聞けば、こちらのパンは毎週水曜日のみ店頭に並ぶとのこと。だからいつも行った時なかったのか〜

先週水曜の午後に伺ったがすでに売り切れ。

店内に入った私をみて悲しそうな顔をしたマダム。すっかり認知されたようだ。

満を持して今週水曜、朝7:00の開店からほどなくして入店。どどんと並ぶboule de berlin!!

ついに巡り会えた。

やっと買えるわね、とマダムもニコニコ。
f:id:emaly:20190705160909j:image
f:id:emaly:20190705160913j:image

友達と優雅なお茶タイム。

このお菓子はもともとドイツのお菓子のはずだが(ベルリンの名の通り)、ベルギーでは一般的な菓子パンであり、どこのパン屋でも見つけることができるそうだ。

夏休みに海に行った時に、売り子がおひとついかが〜?と売りに来て、砂場で食べた子供時代のノスタルジックな思い出の味…というのはマダムの回想。

いわば揚げドーナツのカスタード詰め。海で目一杯遊んだ後のカロリー補給には良さそうだ。

おそらく買いたてを食べるのが1番美味しい。

カロリーはなかなかのものだと思うので、頑張った時のご褒美にしよう。