ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

オシャレの街アントワープ

特に予定のない土曜日、ストッケルのマルシェで食料品を調達したあと、ぶらりとアントワープへ。

アントワープは家から車で40分〜50分ほど。

川沿いの無料駐車場に無事に車を停めて、ショッピングスタート。

f:id:emaly:20190614025839j:image
f:id:emaly:20190614025836j:image

本日の目的は古着屋めぐり。

聖母大聖堂から南へ、入り組んだ通りを進む。リサイクルショップみたいなお店から、いわゆるビンテージ品を扱っているお店、様々な店が立ち並ぶ。モダンなセレクトショップの隣にアンティークのお店があったり、新旧入り混じる街並みだがそれもまた楽しい。

パートナーは1キロ15ユーロのお店、the melting pot kiloにて〔本人曰く〕いい感じの革とデニムのジャケットを購入。

私は北欧のブランドを扱っているセレクトショップmoose in the cityで大幅値引きされていた冬物のマフラーを購入。掘り出し物!!

デンマークに行ってから北欧熱が冷めやらぬ。

昼食はポキ丼をぺろり。

サーモンの他にアボカド、きゅうり、枝豆、オニオンフライ、ガリなどなど具沢山。もちろん美味しい。

店員の人にどこから来たの?と言われ、私たちが日本人だと知ると味はどうか?と心配そうに聞いてきた。とっても美味しい!と答えると胸をなでおろしながら「ほっとしたよ、日本人の人に言ってもらえると自信になる」と喜んでいた。ポキ丼は、ハワイ料理だと思うんだけどなぁ。

f:id:emaly:20190614025831j:image