ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

Paris day 2

旅行最終日である。

この日はパリからヴェルサイユに移動する。

移動はVeltraアプリでVersaille Expressというパリ⇄ヴェルサイユ間の往復バスチケットと、ヴェルサイユ宮殿の入場券がついたツアーをあらかじめ申し込んでいた。

パリはエッフェル塔近くのセーヌ川沿いのバス停が集合場所。

わりとひどい雨が降る中、寒さに震えながらカフェを見つけ、朝食をかきこむ。

もりもりパンケーキ。

Cozy Cafeというエッフェル塔近くのカフェ。

f:id:emaly:20190515054110j:image

ヴェルサイユ宮殿に到着。パリ⇄ヴェルサイユは空いていればバスで30分、通勤ラッシュ時などにかぶると倍以上かかるとのこと。

ツアーについていたヴェルサイユ宮殿の入場券は、日付の指定がないもので、こちらの入場券だと入場するのに長い列に並ぶ必要がある。なんなら宮殿の入り口の手荷物検査の部分でも15分ほど並び、その後入場するのに1時間くらい並んだ。雨の降る中で。靴は水浸しで足先から冷えていく。地獄である。

やっと中に入り、カフェで軽く昼食をとり、館内をぐるぐる回る。

誰か高貴な方の部屋。こんな感じの部屋が続く。

f:id:emaly:20190515054114j:image

私の愛してやまないマリーアントワネット。やっと会えた。

f:id:emaly:20190515054051j:image

かの有名な鏡の間。

f:id:emaly:20190515054055j:image

弾丸で歩き通したが、ゆっくり見たら1日はかかるかもしれない。

パリに帰着。

エッフェル塔の写真を撮っていたら雹が降ってきた。暗黒のエッフェル塔
f:id:emaly:20190515054916j:image

帰りはパリ北駅からタリスでブリュッセルに帰った。約1時間半の鉄道の旅。楽で良い。

なにはともあれ、特に危険な目にも合わず、無事に帰ってこれて本当に良かった!