ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

London - day three

最終日はウェストミンスター寺院へ。

事前にチケットを購入して行ったが、寺院のホームページ上で直接チケットを購入しない限り、チケット交換のために入場の列に並ばなければならないようだ。朝9時半からだったので9時半前には着いたが、すでにかなりの人がいた。寒空の中、入場を待つ…。

私はジョナサン・ストラウド作のファンタジー児童書であるバーティミアス3部作シリーズの大ファンであり、イギリス訪問は長年の夢の1つであった。今回、そうだ 京都へ行こう くらいの気軽さでイギリスへ行けたのも、ベルギー出向があったおかげ。パートナーに感謝である。

バーティミアスの舞台は仮想のイギリスであるが、ピカデリーサーカスにナサニエルが務めていたホワイトホール、ゴーレムとバトルした大英博物館、ホノリウスと戦ったウェストミンスター寺院…などなど聖地めぐりができて本当に幸せだった。ワクワクする場所、ロンドン。あと英語が通じるのが本当にありがたい。看板が読めるし人と意思疎通ができる。

ウェストミンスター寺院は今回の旅で1番感動したかもしれない。イギリス王室と深い関係のある寺院で、王族や著名人が幾人も眠る墓所でもある。ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式もここで行われた。ここに眠る方々のエピソードを聞きながら、素晴らしいステンドグラスやモザイクタイル、装飾の数々を見て回る。アン・ブーリンや悪名高いブラッディメアリーの墓もあり、ふと恩田陸ライオンハートを思い出した。あまり建築物には詳しくないが、それでも十分に楽しめた。

f:id:emaly:20190429152103j:image

近くにロンドン等もあるが、残念なことに改築中…。

ユーロスターブリュッセルに帰る前に、気になっていたカップケーキを購入。家に着いたらお茶にしようと思っていた。まさかユーロスターが事故で大幅に遅れることをこの時の私は知る由も無い…。

結局夜中に食べた。
f:id:emaly:20190429152059j:image

イギリス、すぐにでもまた行きたい。