ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

London

歩くだけで様になる街。二泊三日ではとても足りない。

初日はOxford streetでショッピング、そしてThe Ritzでのアフターヌーンティーを楽しんだ。Oxford St. はプチプラファッションから高級デパートまで、なんでもある。ユニクロもあった。Primarkというファストファッションのブランドが今とても人気らしい。シャツ一枚5ポンド、パジャマ上下10ポンドなどなど、びっくり値段続出だった。

f:id:emaly:20190426155803j:image

f:id:emaly:20190426155759j:image

老舗中の老舗、The Ritz Londonのアフターヌーンティーは1人約60ポンド。

伝統的なスタイルでケーキ、スコーン、サンドイッチが提供される。

サンドイッチやスコーンは無くなると持ってきてくれる。焼きたてのスコーンはバターの香りが濃厚でほんのり甘く、今まで食べたスコーンの中で1番美味しかった。

きらびやかな空間にでピアノの生演奏が流れ、本当に贅沢な時間だった。

f:id:emaly:20190429145001j:image
f:id:emaly:20190429145004j:image
f:id:emaly:20190429144956j:image

宿泊はリッツからほど近いWashington Mayfair Hotel.  歴史は古そうだが清潔感がありフロントの対応も気持ちよく、快適に過ごすことができた。