ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

考え事

première 船便と思ひ出ぽろぽろ

先週、船便の一便目を出した。 朝9時から午後15時まで、約半日かけての作業。今年に入ってから、あれよあれよという間に帰国準備が進んでいく。寂しさ8割と、新生活へのワクワク2割。口を開けば帰りたくない帰りたくないと駄々をこねているが、まぁ帰るしか…

こちらのメイクとオシャレ

私見だが、こちらの女の子はあまりお化粧をしていない。正確にはしていても薄いナチュラルメイクである。 目鼻立ちがはっきりしているからだろうか、ファンデにマスカラ、アイシャドウにアイライン、口紅にチーク、とフルメイクしている人はあまり見ない。逆…

La fabriqueで人生を語る

Kちゃんとのランチ、この日は学校帰りにLouiseの方まで散歩。 Kちゃんお気に入りのカフェに連れて行ってもらった。 La fabriqueはルイーズの大通りから一本入った、エグモント公園の中に位置する。豊富なテラス席はランチやティータイムを楽しむ人でいっぱい…

窓からの景色は綺麗だが

昨日一昨日と崩れがちだった天気は嘘のように本日は晴天なり。 まだまだ肌寒いと感じるが、オーデルゲムの住人たちはカフェの外の席や、ベランダに出したデッキチェアに座りながらお茶を楽しむ人も多い。短い春夏を全力で楽しもうとしている。 そして自分は…

ベルギー の方々と、人種

まだこっちへ来て1週間だけれども、気持ちが新鮮なうちに。 ベルギー (ブリュッセル)の方々は、親切な人が多いと感じる。この少ない日数の中でも、なんども現地の方に助けられ、優しくしてもらった。 その一方でナンチャッテ中国語をわざとらしく目の前で…

無職になり、ヨーロッパ

パートナーの転勤によりベルギーに1年間住むことになった。 新卒から勤めていた会社を退職し、去る3月末にブリュッセル国際空港へと降り立った。フランクフルトで乗り継ぎ、1日がかりの地球半周大移動だった。 飛行機が大嫌い故に移動時間は苦痛以外の何者で…