ベルギーにて・レンガと曇り空

ベルギー生活とその周辺を旅した記録

帰国

18日に、日本の新型コロナウィルス対策が大きく動いた。ヨーロッパからの帰国者は、入国後に14日間の隔離期間を設けなければならない。施行は21日より。

f:id:emaly:20200320030843p:image

これを受けて、我々は急遽19日夜の便で帰国することになった。

f:id:emaly:20200320025206j:image

おやつに食べたヴィタメールのモンブラングラス。めーちゃめちゃおいしかった。この時はまだ25日の帰国予定だったので優雅に過ごしていた。
f:id:emaly:20200320025209j:image

夕方、一報を受けてパートナーの上司含めて議論。一刻も早く帰った方がいいとのことで、次の日の夜の便、つまり新ルールが適用されるギリギリ直前のタイミングで帰国できることになった。

それからがもう大変なことに。引っ越しやエタデリューは代理を立てることになり、パートナーの同僚に頭を下げて引き受けてもらった。

荷造り、引っ越しの準備、エタデリューに備えた部屋の清掃。1週間かけてやろうとしたことを2日でやることになり、てんてこまい。しかし免疫力を下げたくないので睡眠はしっかりとる。そして明くる19日は早起きをして掃除の続きを行い、市役所で転出手続きを行い、また掃除と荷造り。同時に友達や家族に連絡。

バタバタしてあっという間に空港に来てしまった。空港で待っている間、こちらでできた大切な友人からもらった温かいメッセージに涙腺が緩む。
f:id:emaly:20200320025212j:image

帰る実感が全く湧かないが、これで約1年間のブリュッセル生活が終わってしまうんだなとしみじみ。帰りたくなさはあるが、そろそろ私の人生も次のステップへ進めたいところ。まずは健康に無事に日本に帰って、新生活を安定させなければ。

このブログも終わりだな。帰国したら記念に本にでもしようか。

大好きな友達とチョコレートがいるブリュッセルに、またいつの日か遊びに行きたい。

Au revoir !!!

ベルギーもついに外出禁止令

今晩8時ごろ、つまりついさっき、ベルギーにも外出禁止令が出された。あーーついに来たかという感じ。

スーパー等での日用品の買い物、薬局、医者へ行くなど、決まった用件以外の外出は原則禁止となった。仕事も、リモートワークができる人は原則出社してはいけない。明日の正午から4月5日まで有効となる。

こんなにいい天気なのに!

f:id:emaly:20200318043046j:image

それを見越したわけではないが、ロックダウンもそう遠くない未来だと思ったので本日はパートナーの運転手で行きつけのチョコレート屋と紅茶屋に最後の訪問をした。

こちらで1番お気に入りのCenthoでチョコレートをどっさり。ほぼ自分用。キロ売りの箱が出るのは珍しいわ!とチョコレート屋のマダムもニコニコしていた。明日は開いてるから分からないと言っていたが、外出禁止令が出てしまったので明日以降は閉店だろう…。本当に買えてよかった。

紅茶屋でも友人のお土産と、自分用のハーブティーを購入。ずっと仲良くしてくれた店員さんとの別れを惜しむ。本当に優しくて暖かくて、涙目になりながら店を後にした。最後にオーガニックのチョコレートを餞別としてプレゼントしてくれた。カカオ100%ってどんな味だろう。パートナーはカレー粉と同じと言っているがそんな訳なかろう。
f:id:emaly:20200318043051j:image

パートナーはリモートワークになったので午後はずっと2人でパソコン作業。

f:id:emaly:20200318043039j:image

もはやここまで来ると、この非日常の体験をしっかり記憶に残しておこうと挑戦するような気持ちになってくる。この経験からいろいろなことを学べることを信じて、今日も健康第一に早めに眠る。

lockdownの波

最近、コロナのおかげで大人しくせざるを得ないので、なかなか真新しいブログのネタがない。

ブリュッセルは週末からがらりと雰囲気が変わり、街に人はまばら。メトロもがらんとしているとの情報。人々は可能な限り在宅ワークをして、学校は閉鎖。

空の便にも影響があり、私たちが帰る周辺のフライトは欠航するものも。以下はANAのWEBサイトで、成田発着で欠航する便を表した一部分。

f:id:emaly:20200317042017p:image

先ほどはフランスのマクロン大統領のスピーチをYouTubeで見ていた。今はLIVEでスピーチが聞けるのだ。(もちろん英語に同時通訳されたバージョン)フランスは明日の正午から事実上の外出禁止令が出た。これは戦争です、と繰り返す大統領が印象に残る。


f:id:emaly:20200317042047p:image

f:id:emaly:20200317042051p:image

そして明日から30日間のヨーロッパ全体の国境閉鎖が決定された。ここでいうヨーロッパは、シェンゲン協定内の国々のこと。不要不急の渡航(旅行とか)は原則できない。

ベルギーはどうなるのだろう。

外出禁止令が出るのもそんなに先のことではない気もする。最近本当に思うのは、英語ができて良かったということ。海外でコロナ情報を得ようとするとやはり英語のニュースサイトやTwitterアカウントが1番早い。日本語に訳されるのを待っていると初動が遅れる可能性がある。また、現地の友人たちとの情報交換もかなり助かっている。

コロナコロナで気分が暗くなるが、たとえ家に閉じこもったとしても、私には大好きなスイーツを食べるという崇高な趣味が有る。こちらは日曜日にパートナーのお友達が遊びにきた時の手土産でいただいたもの。愛してやまないパティスリーササキのケーキたち!!箱を開けて歓声を上げた。

ササキのモンブラン、初めて食べたがめちゃめちゃ美味しかった…。帰国前に食べられてよかった。せっかくお客様が来たのでミルフィーユ鍋や炊き込みご飯などでおもてなし。外食はできないけど、工夫すれば如何ようにもなる。

f:id:emaly:20200317042736j:image

こちらはイギリスのチョコレート。可愛い箱に詰められたトリュフはシャンパン味と、塩キャラメル味。圧倒的にベルギーチョコレートの方が好み。やっぱりイギリスのデザートは何かが重たい…。

f:id:emaly:20200317042146j:image

最近飲んでいるソストレーネグレーネのbioコーヒー。ドリップする時間のない朝に飲んでいる。ネスカフェゴールドのより、コクが深くて美味しい。
f:id:emaly:20200317042152j:image

そんなこんなで今日も生きてます。

DNAに沿う味付け

今週は天気が良かったブリュッセル

f:id:emaly:20200315202344j:image
春の訪れを感じる。最近買い物などに出かける時はトラムや地下鉄をなるべく使わず、歩くようにしている。コロナ対策と、最後にゆっくりいつもの景色を目に焼き付けておきたいというのもある。
f:id:emaly:20200315202359j:image

金曜夜から、ブリュッセルのコロナ対策が厳しくなり、レストランや公共施設が閉まることとなった。写真は、週前半に食べた美味しいものたち。お別れ会ラッシュ。

証券取引所近くにある、美味しいタイ料理屋さん。
f:id:emaly:20200315202355j:image

スパイシーなレッドカレー
f:id:emaly:20200315202348j:image

こちらは中華料理屋。
f:id:emaly:20200315202413j:image

アジア料理は、日本食じゃなくてもやっぱりほっとするな。みんなとお別れは寂しいけど、こんなに惜しまれて去ることができるのはとても幸せである。感謝しかない。
f:id:emaly:20200315202351j:image

外食、カフェが大好きなブリュッセルの人たち、今回の措置は辛いだろう…。しかしフリッツ屋さんとワッフル屋さんはテイクアウトだからか閉まらない。さすがベルギー。

大好きなメールのイートイン、結果的にこれが最後になってしまった。大好きなタルトシトロン。
f:id:emaly:20200315202405j:image

来週はベルギー最後の日常生活が送れる1週間。健康に慎ましやかに、最後まで楽しむ!

夜ご飯便り

相変わらず作り続けている赤ワイン煮込み。もうレシピを参照しなくても作れる。遊びに来たパートナーの同僚にも喜んでもらえてニンマリ。もう18番と言ってもいいだろうか?

f:id:emaly:20200311190019j:image

ピザが大好きなパートナーのためにカルフールで冷蔵ピザを買ってみた。そのままじゃ味気ないので野菜をのっける。見ての通り焼き過ぎだが、美味しくいただきました。
f:id:emaly:20200311190008j:image

私が夜出かけるときは大体チャーハンを作り置きして出ていく。高菜チャーハンはパートナーも大好き。厚揚げの味噌煮を添えて。
f:id:emaly:20200311190015j:image

小麦粉を使い切るためにせっせとケーキを焼く。今回は抹茶と小豆のパウンドケーキ。友人にお裾分けいただき冷凍していた手作り餡子を使用。
f:id:emaly:20200311190026j:image

ほっくりした味で美味しい。抹茶スイーツは間違いない。
f:id:emaly:20200311190005j:image

珍しく良く晴れた日。大好きな芸術の丘からの景色。
f:id:emaly:20200311190012j:image

ロッテルダムとJITSKのチョコレート

とある週末はロッテルダムへ。

イッタラのアウトレットに帰国前にもう一度だけ行きたくて、車で1時間半飛ばして到着。

ほぼ開店と同時に入り、お土産用にいくつかお皿を購入。自分ようにもちゃっかり。

こんな世相なので、お昼を食べてさっさと退散する。お昼ご飯はTwitterで流れてきて気になっていたラーメン屋さんへ。

天才Tensaiラーメン。ネーミングは謎だが広くて綺麗な店内。

f:id:emaly:20200310171036j:image

私は自家製麺の豚骨ラーメンを。
f:id:emaly:20200310171014j:image

パートナーは坦々麺を。
f:id:emaly:20200310171010j:image

ヨーロッパに来て食べた1番美味しいラーメンだった。ロッテルダム日本食が充実してるなぁ。

その後は帰り道のアントワープ に少し寄ってもらって、気になっていたショコラトリーへ。

日本ではバレンタインの時期しか販売されない今をときめくチョコレート、その名もイースク。アントワープの中心地から少し離れているので、車で行くのが便利である。
f:id:emaly:20200310171018j:image

戦利品たち。チョコレートは小袋で買うよりも箱で買った方が安かったので、どーんと買ってしまった。

ここのミルクチョコレート、とても好み。ジントニックとか、ヨーグルトとか、変わったフレーバーもある。ダークは少し酸味がある。セントの方が好きだけど、トップ3に入る美味しさ!さすが今注目のチョコレート。
f:id:emaly:20200310171028j:image

ここはチョコレートスプレッドとオランジェットが有名とのことで、どちらも迷わず購入。
f:id:emaly:20200310171006j:image

チョコレートスプレッドはとっても上品なヌッテラという感じ。ヘーゼルナッツの香りが芳醇で、トーストとの相性がばっちり。
f:id:emaly:20200310171031j:image

オランジェットは、ほぼオレンジ!とても瑞々しくて、オランジェット苦手な私もこれならいけるかも。
f:id:emaly:20200310171021j:image

イースク、とても気に入ったのだが自力では行けないのが辛いところ。大事に噛み締めて食べよう。

最近は洋食が多め

こちらは我が家特製キーマカレーの材料。いい感じに並べてみた。コリアンダーやクミンのスパイス、ほぼ無くなってしまった。追加で買って帰ろうか悩む。

f:id:emaly:20200306222910j:image

いつもは鳥の挽肉を使うが、今回は牛豚ミンチにしてみた。これはこれで美味しい。
f:id:emaly:20200306222838j:image

生米からリゾットを作るのにハマっている。これはエビとブロッコリー
f:id:emaly:20200306222906j:image
こちらはエビとマッシュルームのトマトリゾット。
f:id:emaly:20200306222812j:image

久しぶりのミルフィーユ鍋。コンソメが切れたので、最近コンソメ以外で洋風の味を出す工夫をしているのだが、ハーブや塩、お酒、バター、そして食材からの旨味で意外となんとかなる。むしろコンソメキューブの味が濃すぎる気がしてきた。
f:id:emaly:20200306222802j:image

パートナーの大好きな鴨肉のフィレ。
f:id:emaly:20200306222822j:image

綺麗なロゼ色、完璧すぎる焼き上がり!パートナーが史上最強に褒めてくれた。これは自分でも自画自賛。日本でも鴨肉、手に入れられるかなぁ。家族に食べさせてあげたい。
f:id:emaly:20200306222828j:image

ブルーベリーが冷蔵庫の中でしなびかけたので、パウンドケーキにした。火を入れたブルーベリー、甘くて美味しい。
f:id:emaly:20200306222751j:image

行きつけの紅茶屋さんで、夜寝る前におすすめのハーブティーを買ってきた。その名もbonne nuit「おやすみなさい」。ブリュッセル在住のハーバリストがbioのハーブを独自にブレンドしているらしい。淹れるまで強烈な匂いがするが、お茶にすると美味しく飲める不思議。しっかり寝て免疫をつけて、コロナをはじめ色々な風邪やストレスから身体を守らねば。
f:id:emaly:20200306222746j:image

そして今頃ビールの美味しさに気づいた。昨日飲んだこのイギリスのクラフトビール、とても美味しかった。ビールは喉越しの意味がやっとわかった気がする。ブリュッセル滞在、残り1ヶ月もないのに、なぜ今頃目覚めるんだ…帰るまでに飲みまくるしかない。

f:id:emaly:20200306224157j:image

コロナコロナ言われる日々だが、今のところ平穏に毎日を送れている。次の仕事の話も着々と進み、「帰りたくないな」が「帰国後も楽しみだな」に変わりつつある。周りの人に感謝しながらあと数週間、楽しみたいと思う。